6

FASHION 2017.12.07

NIKE Zoom Vaporfly 4% 世界各国のマラソン大会を独占

2min

地球上最速のシューズ

2017年4月17日、大迫傑選手は初マラソンとなるボストンで、2時間10分28秒で3位という素晴らしい記録を樹立した。そして、12月3日、福岡で開催されたレースで、自己ベストとなる2時間7分19秒という記録で、日本人トップの3位でゴールを切った。

大迫選手は、最新のイノベーションを搭載し、マラソンの常識を打ちやぶったナイキ史上最速のシューズ NIKE Zoom Vaporfly 4% (ナイキ ズーム ヴェイパーフライ 4%) を着用し、ボストンと福岡のレースに出場した。福岡では大迫選手だけでなく、その他の上位選手の躍進も支えていたのが、この常識破りの厚底シューズだった。

福岡のレースで NIKE Zoom Vaporfly 4% を着用した上位選手は下記の通り。

優勝: ソンドレノールスタッド・モーエン (2:05:48)
2位: スティーブン・キプロティク (2:07:10)
3位: 大迫 傑 (2:07:19)
4位: ビダン・カロキ (2:08:44)

世界中のレースで多くの結果をもたらしている NIKE Zoom Vaporfly 4% は、ナイキのフルマラソンで2時間を切るという “Breaking2” の挑戦で有名になった。

世界最速でマラソンを完走したエリウド・キプチョゲは、このシステムを「完璧、実に完璧だ」と語っている。NIKE Zoom Vaporfly 4% を賞賛するのは彼だけではない。世界各国のランニングメディアも手放しで絶賛し、メンズ ジャーナルは「地球上最速のシューズ」と、このシューズを呼んだ。

しかし、そうした褒め言葉よりも大きな意味を持つのは、今年の主要なマラソン大会において、世界のトップエリート達の足元でこのシューズが活躍し、彼らを表彰台の上に立たせた事実だろう。

独立した第3者による研究でも、このシューズの機能性が認められている。

NIKE Zoom Vaporfly 4% のプロトタイプは、ランニングのエネルギー消費を平均で4%抑えた。このシューズにより、トップアスリートはかなり速く走ることが可能になり、初めてのサブ2マラソンも達成できると予想する。

NIKE Zoom Vaporfly 4% の新カラーウェイは今後、NIKE.com や NIKE 原宿店などの一部の店舗にてリリース予定となっている。

お問い合わせ先
NIKE カスタマーサービス
TEL: 0120-6453-77
NIKE.com/Running





この記事が気に入ったらシェアしよう!

  • twitter
  • LINEで送る
お気に入りボタン 6 Shares

この記事が気に入ったらいいねしよう!

End Clothing US

RELATED POSTS関連記事

Alpha Industries x Justin Bieber 待望の新コラボ登場
Concepts x Nike SB Capsule Collection