11

FASHION 2017.09.14

NIKE x UNDEFEATED コラボの歴史を振り返る

3min

隠れた魅力 – Still Undefeated

NIKE (ナイキ) とロサンゼルス発のスニーカーブティック UNDFEATED (アンディフィーテッド) による最新コラボレーション Air Max 97 OG (エア マックス 97 OG) が、遂に今週末に解禁される。

今回は、両ブランドの長きに渡るコラボレーションの歴史をアーカイブと共に振り返る。

10年以上前に始まったこのコラボレーションで、2つのブランドは密接に協力し、シューズを通じてストーリーを表現してきた。ロサンゼルスを拠点とするブランドとナイキのコラボから希少価値の高いシューズがいくつも誕生している。

(あまりに希少すぎて、撮影用にナイキのアーカイブから使用することも許可されなかったほど…)

はじまりは、ナイキの現会長で社長兼 CEO を務める人物からのプレゼントだった。

Mark Parker (マーク・パーカー) が、ホワイトのダンクを使ったコラボレーションのチャンスをくれたんだ。最初は側面に 5 Strike (5 ストライク)、次はアーミーグリーンのカラーを使った。

アンディフィーテッドの共同設立者である James Bond (ジェームズ・ボンド) は振り返る。また、これはブランドの実力を証明する機会にもなった。

当時は、自立したパートナーとして求められるエネルギーを提供できるとナイキに証明することが重要だった。

彼らは、初期の頃から深みのある希少なコラボレーションデザインを展開してきた。その例には、オリジナルの White Dunk (ホワイト ダンク)、Clerks Pack (クラークス パック) の Dunk NL や Air Jordan 4 (エア ジョーダン 4) などが挙げられる。

また、他の定番シューズに取り組むチャンスも与えられた。クラシックなシルエットをベースにアレンジした Air Force 1 (エア フォース 1) は、瞬く間にコラボレーションシリーズの主力アイテムに躍進。さらには、Lunar Force 1 (ルナ フォース 1) などの革新的なモデルのアレンジも手がけるようになった。

また、最初に手掛けた NIKE Dunk (ナイキ ダンク) の復刻版も登場。このオリジナルテーマをモダンな雰囲気にアレンジした NIKE Hyper Dunk 2012 (ナイキ ハイパーダンク 2012) も発売された。近年では、地元ロサンゼルスをイメージした伝説的な Cortez (コルテッツ) や、Dunk の新しいバージョンなどを送り出している。

そして、2017年、アンディフィーテッドがまったく新しい Air Max 97 のデザインで、さらなる進化を遂げる。レジャーとスポーツをシームレスに融合させた、シンプルかつ洗練されたデザインを完成。コラボレーションのパイオニアとして、その存在感を再び強く印象付けた。

Source NIKE+ SNKRS





この記事が気に入ったらシェアしよう!

  • twitter
  • LINEで送る
お気に入りボタン 11 Shares

この記事が気に入ったらいいねしよう!

End Clothing US

RELATED POSTS関連記事

NIKE x UNDEFEATED Capsule Collection
NIKE Air VaporMax 更に新色 4色が登場