22

FASHION 2017.06.26

Vetements 2018 Spring/Summer “No Show” Collection

2min

ファッションウィークからの撤退
ヴェトモン 新たな幕開け

Demna Gvasalia(デムナ・ヴァザリア)が手掛ける Vetements(ヴェトモン)は先日、Vogue のインタビュー で、ファッションウィークから無期限で撤退することを明らかにした。ヴァザリアはこのように語っている。

私たちはもう “古いシステム = ファッションショー” ではコレクションを見せない。ファッションショーはコレクションを発表する上で最高のツールではない。新たなチャプターに入るべき時だ。数千万円かかるショーのコストも無駄だと思う。

また、ヴァザリアは WWD のインタビューで、オーバーサイズからも離れると明言し、拠点もパリからチューリッヒに移した。2018SS コレクションは、ヴェトモンの新たな幕開けとなる。

これぞ “究極の普通 = ノームコア”

ヴェトモン 2018SS コレクションはショー形式ではなく、”No Show” と題したイベントを立体駐車場で開催。”No Show” では、ヴァザリア自身がチューリッヒで撮影したストリートスナップ写真が展示された。

そのストリートスナップにはモデルは起用せず、子供からお年寄りの方、様々な人種の方、妊婦の方、家族など、洋服よりも人にフォーカスしている。あくまで主役は洋服ではなく「人」というヴァザリアの想いが伝わるストリートスナップとなっている。そして、明言どおりオーバーサイズは影を潜め、ヴェトモンらしいテクニックとディティールで表現した “究極の普通 = ノームコア” を体現したコレクションとなっている。

Key Items

チェッカー柄のスリッポン、Vetements x UMBRO(アンブロ)ロングスリーブ Tシャツとポロシャツ、サックスのアノラックパーカー、DHL フーデッドジャケット、こだわった刺繍を施したスウェット、ブロックチェック シャツ、カラーブロックされたリメイク Tシャツ。

Highlight Items

ジーンズをリメイクしたデニム トラッカージャケットと斬新なカッティングのジーンズのセットアップ、Vetements x Reebok(リーボック)フットウェア、そして、Tommy Hilfiger(トミー・ヒルフィガー)との コラボレーションフーディ。


All Photos Vogue

この記事が気に入ったらシェアしよう!

  • twitter
  • LINEで送る
お気に入りボタン 22 Shares

この記事が気に入ったらいいねしよう!

End Clothing US

RELATED POSTS関連記事

KITH x Coca-Cola x Converse Chuck Taylor Collection
VLONE x NIKE 2018SS Collection