32

LIFE 2017.04.24

“無印良品の小屋” 300万円で発売

3min

山や海、庭など、自分のすきな場所に置き
もうひとつのくらしを始めよう

良品計画が “小屋のあるくらし” を実現するために開発した “無印良品の小屋” の販売を開始する。価格は材料費、施工費を含めて税込300万円。

はじまりの小屋

「気に入った場所でくらす」
だれもがもつ小さな憧れを

かたちにする道具ができました
家や別荘ほど大げさではなく、旅ほど気軽でもなく
山や海、庭など、自分のすきな場所に置けば
たちまちその土地の一部となり
もうひとつのくらしがはじまる

そんなイメージから生まれたまっさらな小屋です

“無印良品の小屋” は上記のコンセプトのもと開発され、千葉県南房総市の旧幼稚園・小学校をリノベーションして作った農園付きコミュニティセンター “シラハマ校舎” の土地を活用し、菜園付きの小屋用地として区画ごとに賃借できる人に向けて提供。

小さく広く

部屋の中はおよそ9m²とワンルーム程度のコンパクトさだが、縁側や奥に向かって屋根の傾斜をつけることで3 – 4人でもくつろげる広さを生み出した。入口の大きな窓は、もともとは商店に使われている引き戸。もうひとつの小さな窓からは、光や風が訪ねてくる。

昔ながらのやりかたで

小屋の木材は100%国産のものを使用。外壁は、造船業で古くから使われてきた杉材を焼いて強度を高める “焼杉” の手法に加え、オイルステインで仕上げることで、防腐性、耐久性を高めている。内装は好みの壁をつくることもできるよう、無塗装のまま仕上げている。

使いやすさは、一人前

基礎には一般住宅で使われるベタ基礎を採用。強度に加え、地面からの湿気を防ぐ。床面は床材を貼る前の状態を残したモルタルそのままになっている。汚れやすい環境下でも土間のように気兼ねなく使え、凹凸がないので掃除も簡単。お好みの床材やラグを敷いて使うことができる。

Information

仕様・価格

サイズ : 屋内 9.1m² / 縁側 3.1m²
構造 : 木造軸組工法
基礎 : 鉄筋コンクリート造・ベタ基礎
価格 : 3,000,000円(税込)

  • 建築に必要な材料費、施工業者による作業費を含みます。
  • 確認申請など法定費用は別途発生します。
  • 建設地の気候条件などにより別途費用が発生する場合がございます。

一般販売 : 2017年秋以降開始

“無印良品の小屋” を購入した人は “シラハマ校舎” 内のシャワーやトイレを利用できるため、気軽に田舎暮らしを実践できる。

尚。購入希望者へ向けた見学説明会を4月29日から5月7日までの期間実施する。また、秋以降は “シラハマ校舎” 以外での設置を希望する人に対しても販売を行う予定となっている。

見学・説明会

期間 : 2017.4.29 – 2017.5.07
時間 : 各日 10時/13時/15時 の3回
場所 : シラハマ校舎
定員 : 各回10組様限定

見学・説明会への参加を希望される方は、こちら より。

シラハマ校舎
千葉県南房総市白浜町滝口 5185-1
awashirahama.com


All Photos ©Ryohin Keikaku Co., Ltd.

この記事が気に入ったらシェアしよう!

  • twitter
  • LINEで送る
お気に入りボタン 32 Shares

この記事が気に入ったらいいねしよう!

End Clothing US

RELATED POSTS関連記事

NIKE Air More Uptempo “Bordeaux” 間もなく登場
日本初のピスト専門アウトレット BROTURES OUTLET オープン